サッカー談義 チャンピオンズリーグ

いよいよ佳境に迫ってまいりました、チャンピオンズリーグ。

決勝トーナメント1回戦の第1戦4試合は、

2連覇を狙うバルセロナ(スペイン)がホームで2季前の覇者リバプール(イングランド)に1− 2で敗れた。バルセロナはデコが先制点を挙げたが、逆転された。

ほかの3試合はすべて引き分け。
インテル・ミラノ(イタリア)−バレンシア(スペイン)2−2
ポルト(ポルトガル)−チェルシー(イングランド)は1−1
ローマ(イタリア)−リヨン(フランス)は0−0


まあ、そんなことはいいんですけどね。

個人的には今年もバルセロナとチェルシーが見たいですね。

もう、それだけ。

2004-5シーズンのセカンドレグ。

前半で3-0とチェルシーが圧倒しますが、3-1とバルサ追い上げ、
そこからさらにロナウジーニョの伝説のゴールで3-2

このままバルセロナが合計スコアで勝利かと思った矢先に

コーナーキックからテリーのゴール!!

ここでバルセロナが消え、チェルシーも結局は準決勝でリバプールに敗れるのですが、

個人的には、この年のベストゲームはこの試合でした。

長々と書きましたが、この動画を紹介したかっただけです。

これを見つつ、今年のチャンピオンズリーグへの期待をさらに高めてます。

どうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=YSgSCki7Os4&mode=related&search=

posted by アートマン
| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー談議
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。